立花彩香(加藤ローサ)は、火の国・熊本で暮らす優等生の女子高生。だが、名家の娘・北條梨奈(酒井彩名)から、スナックを営む母を侮辱され、さらにボーイフレンドの杉野謙一(斉藤祥太)が梨奈の婚約者であったと知らされる。貧乏な彩香を見下し、あざけ笑う梨奈。
 実家のスナックでは、謙一の父親で地元の権力者である杉野謙造(山下真司)の手先が、母の麻里子(かとうかず子)に店を売れと迫ってきた。きっぱりと拒否した麻里子だが、病気で倒れてしまう。母がガンだと知った彩香は、学校を辞めてスナックを継ごうと決める。


 

 それを聞いた謙一は、自分の前から去ろうとする彩香への激情を止められず、彩香をむりやり抱こうとする。だが、その現場を見つかると、彩香が誘惑してきたと非道なウソをつく。謙一の父親・謙造は横暴な態度で口止め料を渡してきたが、彩香はそれを突き返すと「いくら貧乏でも、心は売らんわっ!」と言い放った。
 そんな矢先、麻里子の容体が悪化、彩香の父親が生きていると言い残し、還らぬ人となった。母を捨てた男へ憎しみをつのらせる彩香。
 自分と母の人生を踏みにじった人々に復讐を誓った彩香は、女を武器に男たちの上に君臨する“女帝”となることを決意し、故郷を後にした。
 

 大阪の歓楽街・ミナミへやってきた彩香。クラブ「エレガンス」の門を叩き、面接したママの美奈(中島知子)に「この仕事でナンバーワンになって、天下を取ろうと思ってます」と訴えるが、店のナンバーワン・ホステスの麗子(小沢真珠)には「あんたみたいなどん臭いのがおると店の名前が汚れるわ」と罵倒されてしまう。だが、彩香の切り返しを見て、才能を感じ取った美奈は、彩香を雇うことに決めた。
 ヘルプのホステスから始めた彩香だが、麗子のテーブルについた途端、嫌がらせをされてしまう。沈んだ気持ちのまま店を出て来た彩香は、道で携帯を拾う。電話の持ち主は、伊達直人(松田翔太)。陽気でノリのいい直人とビリヤードを楽しみ、彩香はストレスを発散するのだった。

 翌日、「エレガンス」に直人がやってきた。喜ぶ彩香だが、ママの美奈からは、「あの男は、あんたのためにならへん」と言われてしまう。
 美奈の言葉に反発した彩香が店を出ると、表では直人が待っていた。「今日、給料日だったんだよ。彩香にいいもん食べさせてやろうと思って」と言う直人は、彩香を熊本料理の店に連れて行った。直人の優しさに感激する彩香だが・・・

 

 ママから呼び出された彩香は、直人がヤクザだという証拠写真を突きつけられ「一流の女になりたかったら、一流の男に抱かれることや」と釘をさされてしまう。
 そんな矢先、彩香は直人に誘われ、海に出かけることに。直人が彩香に迫ろうとすると、彩香はそれをかたくなに拒み、直人がヤクザであることを指摘した。豹変した直人は、彩香を押し倒そうとする。しかし、男に惚れて女帝になる夢をあきらめたくないという彩香の言葉に、直人の手が止まった。「わたし、初めてなの。わたしが抱かれるときは、勝負するときなの。女として、一世一代の勝負するときに、高く売ってやるの。」彩香の決意に心動かされた直人は、彩香の夢を応援しようと決め、抱き寄せた。「お前の体は抱かないけど、心、抱いてやる」。号泣する彩香。

 「エレガンス」に“ミナミの妖怪”と呼ばれる客・美濃村(泉谷しげる)がやってきた。気難しいことで知られ、特定の店をひいきにしない大金持ちだ。美濃村を自分の客にすると決意した彩香は、チャンスを3回くださいと申し出るのだった。
 「持てるもの全部を武器にして、この男を落としてやる。女帝への大勝負が、今、始まるのだ。」
 
クラブの給料には、ふたつのシステムがあります。売り上げのホステスとヘルプのホステスです。売り上げのホステスは、自分でお客を持っていて、その売り上げによって給料が決まります。一方、ヘルプのホステスは、売り上げのホステスの席についてお手伝いをするホステスです。ちなみに、お店で一度指名されて係になったら、その客は、永久にそのホステスの客になります。たとえ、他のホステスを気にいっても、その売り上げはすべて係のホステスのものになる、というのがルールです。