佐和(かたせ梨乃)を訪ねた彩香(加藤ローサ)の前に、死んだと思っていた直人(松田翔太)が現れた。「佐和」の黒服となった直人に、彩香は驚きを隠せない。しかも、再会した直人の態度は冷たかった。ショックを受けた彩香は、部屋に帰ると、美樹(前田愛)にすがって号泣するのだった。
 独立した薫(金子さやか)の店を訪れた彩香は、またもや梨奈(酒井彩名)と遭遇する。あいかわらずの暴言をぶつけてくる梨奈。さらに、薫も見下すように挑発してきた。彩香は、絶対に負けない、と怒りをつのらせた。

 彩香は、銀座の路地裏で直人が男たちに乱暴されているのを見つける。警察を呼ぶ彩香の声に救われた直人だが、そんな彩香にも心を開かない直人だった。直人の変貌ぶりに彩香は言葉もない。
 「佐和」の経営がピンチに陥った。直人が乱暴を受けたのも、他店からの引き抜きを断ったためだ。心配した弘美(東ちづる)は、彩香を連れて「佐和」を訪れたが、佐和は弱気な態度を見せる。直人はそんな佐和を励まし、店のために彩香の力を借りたいと言い放つ。ムチャを言うなと諌める佐和を横目に、直人は土下座し、彩香に向かって「お前の力がうちの店には必要だ」と訴えた。
 

 弘美は、彩香の可能性を伸ばすためにも、「佐和」で修行することが必要だと言い、直人の願いを聞き入れた。美樹も彩香を追って「佐和」に移ることになった。
 彩香や美樹に、派手な風貌で“銀座の魔女”と呼ばれるホステス・エリ(滝沢沙織)も加わり、「佐和」が再出発した。エリのテーブルにヘルプでついた彩香は、エリの常連から、自分のような真面目なタイプの女性とは遊びづらいと言われてしまう。 エリは、自己演出の大切さを説き、彩香の魅力を引き出すような服装をコーディネートしてやることに。エリの親切な行動に心温まる彩香だった。
 エリの選んでくれた服で出勤した彩香だが、直人の態度は冷たい。美樹はそんな直人を責めるが、直人は冷たくあしらうだけだった。


 佐和は、落ち込んだ彩香を誘い出し、直人が佐和にやってきた経緯を打ち明けた。銀龍会に追われた直人は、死ぬ覚悟を決め、女帝とはどんなものかを見るために「佐和」を訪れたという。そんな直人に、佐和は黒服となることを勧めた。それ以来、直人は銀座の帝王をめざして必死に修行を積んで来たのだった。だが、それを聞いてもまだ、彩香は直人への思いを断ち切れない。

 

 なかなか経営が上向かない「佐和」だったが、直人の営業成果が現れ、過去の常連客たちが次々と店を訪れてきた。皆、政財界の大物ばかりだ。ひさしぶりににぎわいを見せる「佐和」に、大沢(豊原功補)も知り合いの映画プロデューサー・高須(春田純一)を連れてやって来た。
 直人は、彩香が男として大沢を選んだことをほめるが、彩香は感情的に反発してしまう。ショックを受けた彩香は、直人を忘れようと、大沢を求めるのだった。
 

 


 彩香と大沢の関係がスポーツ紙の一面を飾った。あやまる彩香に、これは高須の義理返しだと答える佐和。かつて「佐和」の常連だった高須は、店に恩を返すために、記事で話題づくりをしたのだ。おかげで、その日は彩香目当てに多くの客が訪れた。
 そんな矢先、大沢は自分の原点に立ち戻るためにアメリカに活動の拠点を移す決断をしたと彩香に打ち明ける。心の支えである大沢もいなくなることを知り、孤独に耐えようと、再び復讐の炎を燃やす彩香は、「佐和」を訪れた尾上(伊原剛志)に、色気のあるまなざしで迫ろうとする。その光景を見た佐和は、復讐心に突き動かされるばかりでは、本当の女帝にはなれない、と彩香のことを案じるが・・・
 
昔世話になったが、現在では足が遠のいてしまった店を、恩を返すという意味を込めて盛り上げようとすること。