「佐和」で働き始めた彩香(加藤ローサ)は、復讐のために尾上(伊原剛志)にちかづこうとする。直人(松田翔太)は、そんな彩香に警告するが、反発する彩香に聞き入れる様子はない。
 パトロンが逮捕されたせいで、薫(金子さやか)の店が閉店することになった。行き場のなくなった薫を、直人は「佐和」にスカウトする。直人の行動を理解できない彩香は、ますます動揺してしまう。
 そんな矢先、映画プロデューサーの高須(春田純一)が紹介した客、ヤクザの大物組長・大翔辰紘(西村和彦)が再び店にやって来た。接待ゴルフに同行してほしいという大翔の申し出を、彩香は直人の忠告を無視して受け入れた。

 ゴルフにやって来た彩香は、大翔から、自分が初恋の人に似ていると告白され、抱きしめられる。そんな大翔をやんわりと制する彩香。翌日、ゴルフを終えて、クラブハウスに戻って来た大翔を、ヒットマンが狙撃しようとした。とっさに大翔をかばった彩香は、銃弾を浴びてしまう。
 彩香は一命をとりとめ、大翔はこの落とし前を必ずつけると約束した。だが、かたぎの人間を巻き込んだ大翔に、直人は怒りを抑えきれない。

 三週間が経ち、ようやく退院した彩香に、美樹(前田愛)は客の塚原(森本亮治)と結婚しようと決めたことを明かした。祝福する彩香。
 「佐和」に復帰した彩香は、薫から大翔の愛人と呼ばれてしまう。美樹は、薫が噂を流したと責め、口論に。佐和(かたせ梨乃)はそれを諌めると、今回の事件をどのように乗り越えるかが大切だ、と彩香に説くのだった。
 薫が客に流した噂のせいで、彩香の客足が冴えない中、尾上が訪ねてきた。尾上から熊本の神社のお守りを渡され、彩香は複雑な思いを感じる。
 そんな中、美樹が彩香に金を貸してほしいと頼んできた。金に困った塚原に貸すためだ。塚原の会社が詐欺に遭ったという話を、彩香は信じられない。
 直人の調べで、塚原が大翔組に属するヤクザで結婚詐欺師だとわかった。美樹以外にも、同じ手口に遭ったホステスが大勢いる。美樹が給料を前借りした上に、他のホステスにも借金しているのを重く見て、佐和は美樹をクビにしようとするが、彩香は自分が問題を解決すると宣言した。

 彩香は、塚原を呼び出し、美樹と別れるように迫るが、塚原は聞き入れるどころか、開き直るばかりだった。美樹も、彩香が塚原に別れろと言ったと知り、彩香に怒りをぶつける。 彩香の説得にも耳を貸さず、自分がだまされていることを信じられない美樹だったが、塚原が別の女とベッドにいるのを目撃し、ショックのあまり、手首を切って自殺をはかってしまう。
 なんとか助かった美樹から、帰る場所がほしかったと辛い気持ちを打ち明けられた彩香は、美樹をだました塚原に怒りを燃やし、事務所に直談判しに行く。     
 脅しにも屈せず、塚原を責める彩香に、ヤクザたちが手を出そうとした瞬間、大翔がその場に乗り込んで来た。彩香に塚原の非礼を詫びると、自分が責任を持って処分すると言い放ち、その場を収めた。
 塚原にだまされたホステスたちから彩香に、お礼の花束が続々と届いた。銀座という街が彩香を認めた証だった。
 謙一(斉藤祥太)と梨奈(酒井彩名)が結婚することになり、式に呼ばれた彩香は、梨奈の父・北條照盛(森本レオ)から、式の後、尾上の夜の相手をするように頼まれる。抱かれた後に自分が実の娘だと告げることで、父親・尾上に復讐してやろうと考える彩香だが!?