直人(松田翔太)のおかげで、彩香(加藤ローサ)は北條(森本レオ)が自分に殴りかかってきた写真を撮ることができた。彩香は、その写真を盾に、北條に大臣を辞めるように迫る。
 そんな彩香を、北條の元から尾上(伊原剛志)と彩香の密会写真を持ち出した謙一(斉藤祥太)が訪ねて来た。写真を渡し、清廉潔白な政治家になると宣言する謙一。彩香は、謙一の変貌ぶりに驚きながらも、彼の言葉を信じる。
 

 彩香に脅された上に、密会写真も失った北條は、謙一にも身を引くように説得され、政界から引退した。強気になった謙一の背後に彩香の存在を感じ取った梨奈(酒井彩名)はますます怒りを燃やす。
 事件が一段落し、彩香は再び仕事に専念することに。だが、薫(金子さやか)がナンバーワンにのし上がって以来、「佐和」の雰囲気は変わってしまっていた。薫を指名する客たちは、薫の顔色をうかがうようにおどおどして様子がおかしい・・・


 歌舞伎町のホストクラブ「ゴージャス」のナンバーワン・ホスト、白鳥タクヤ(速水もこみち)が、薫の客として「佐和」にやって来た。直人の姿を見て、驚くタクヤ。2人は昔の知り合いだった。
 そのとき、激怒した梨奈が「佐和」に乗り込んで来て、彩香に怒りをぶつけた。さらに薫もからみ、店内は一触即発の状態に。佐和(かたせ梨乃)の威厳ある対応でなんとかその場はおさまった。


 そんな矢先、薫の客が彩香に助けを求めてきた。薫に秘密を握られて来店を強制されているというのだ。彩香は薫に脅迫を止めるよう忠告するが、薫は聞き入れない。タクヤが事件のカギを握っているとにらんだ彩香は、「ゴージャス」を訪れ、薫の秘密を聞き出そうとする。客の秘密はもらせないと断るタクヤに、彩香はシャンパンの飲み比べで勝負を挑むが、健闘むなしく敗れ、倒れてしまう。
 目を覚ました彩香は、直人から、タクヤが大阪時代のライバルで、現在はホストの頂点“夜王”をめざしていることを知らされた。

 店での薫の態度はますます横暴さを増してきた。このままでは「佐和」どころか銀座全体に悪影響を及ぼすことになると考えた彩香は、もう一度タクヤに会いに行く。銀座を救うために協力してほしいと懇願する彩香だが、タクヤは相手にしない。だが、客をおろそかにしては夜の世界の頂点を極めることができないという彩香の言葉に、タクヤは心を動かされる・・・
 タクヤが薫をホテルに誘った。だが、シャワールームから出てきた薫の前に、タクヤの姿はなく、代わりにマイクロチップを持った彩香が待ち受けていた。薫がブラジャーの中に隠し持っていた、客の秘密が詰まったマイクロチップだ。タクヤは彩香を認め、自分しか知らないチップの隠し場所を教えたのだった。

 薫の脅迫事件を解決し、タクヤとの出会いに刺激を受けた彩香は、女帝をめざす決意を新たにした。だが、そんな彩香に、うらみを晴らそうとする薫がナイフを片手に襲いかかってきた。身動きできない彩香をかばった直人は脇腹を刺されてしまう!