薫(金子さやか)に襲われた彩香(加藤ローサ)をかばい、直人(松田翔太)はナイフで刺されてしまった。命に別状はなかったものの、ショックを受けたエリ(滝沢沙織)から責められた彩香は、罪悪感に苦しむ。
 謙一(斉藤祥太)が梨奈(酒井彩名)を伴って「佐和」を訪れた。梨奈は、殊勝な態度で今までの非礼の数々を詫び、これからは友だちとして付き合ってほしいと頼んできた。驚きながらも、彩香は梨奈を信じ、握手する。
 そんな矢先、彩香は、佐和(かたせ梨乃)から独立を勧められる。女帝を目指すなら自分の足で立つことを覚えろという佐和の言葉に、彩香は動揺を隠せない。

 一方、「佐和」は、ビルのオーナー・竜崎(デビット伊東)から立ち退きを迫られていた。なんとか店を存続させようと他のビルを探す佐和だが、竜崎が手を回したせいで、なかなかうまくいかない。その竜崎を背後から操っていたのは、彩香と和解の握手を交わしたはずの梨奈だった・・・




 代わりのビルが見つからず、閉店の危機がますます高まる中、直人は彩香に、竜崎が出した条件を打ち明ける。竜崎は佐和に、彩香を辞めさせなければ店を閉めろと迫っていたのだ。佐和は、正義感の強い彩香が自分から辞めると言い出すのを見越して、それを隠していたのだった。
 竜崎の事務所を訪れ、自分を追い出そうとする理由を問いつめる彩香の前に、梨奈が姿を現した。彩香を罵倒し、店をつぶしたくなければ土下座しろと迫る梨奈。彩香が膝を折ろうとしたそのとき、佐和が現れ、銀座の女のプライドにかけて、絶対に彩香は辞めさせないと言い放った。圧倒された梨奈は言葉もない。佐和は彩香に向かって、女帝になりたいならプライドだけは捨てるなと助言した。
 「佐和」の閉店が迫ってあせる彩香に、美濃村(泉谷しげる)が危篤との連絡が届く。タクシーに飛び乗って大阪にやって来た彩香に、美濃村は必ず女帝になれという言葉を遺してこの世を去った。美濃村の言葉を受け止めた彩香は、決意を新たにする。





 薫が「佐和」に放火した。梨奈が、薫の実家への援助をちらつかせ、そそのかした結果だった。彩香は、竜崎の事務所を訪れ、薫を利用した梨奈に怒りをぶつける。梨奈はシラを切るが、彩香が薫を連れて警察に行くと脅すと、あせった竜崎は「佐和」と彩香から手を引くと言い出した。この事件を謙一に知られたくなければ、二度とつまらない考えを起こすな、と彩香は梨奈を一喝した。
 再び「佐和」に平穏な日々が訪れ、彩香もついに独立を決意した。佐和は、そんな彩香を改めて尾上(伊原剛志)に引き合わせる。尾上は、彩香が自分の娘だとわかっていたと打ち明け、今まで父親らしいことをしてやれなかった罪滅ぼしに、彩香の店の保証人になりたいと頼む。父娘として2人は初めて心を通わせる。

 だが、尾上が彩香の保証人となったのを、梨奈がかぎつけた。尾上を失脚させ、父・北條照盛(森本レオ)を議員に復帰させようとする梨奈は、自分の体を使って有力議員に働きかけ、スキャンダルを仕立てあげてしまう!!