今日は、撮影はお休み。
で、ローサちゃんは六本木で行われた「ガールズ・トーク・ライブ」というイベントに出演しました。私・奈良井Pもそのライブを見てきました。

ローサちゃん、榮倉奈々さん、市川由衣さんの3人のホンネに迫るトークライブ。ローサちゃんは、天然?とも思える自由自在なトーク展開で、笑いを誘っておりました。

なかでも、面白かったのは初恋の話!
ローサちゃんの初恋は小学生の低学年の頃。
初めて好きになった男の子に、「告白」なんて考えもつかないお年頃だったそうです。
「告白」はできないけれども、好きな気持ちは抑えきれず、
相手の男の子を、ずーーーーーーっと見つめていたんだとか。
で、相手の男の子もローサちゃんのことを好きだったのか、
しかしこちらも、「告白」とかは出来ずに、ずーーーーーーーーっと
ローサちゃんを見つめていたらしい。
でもって、ふたりは授業中、ずーーーーーーーーーっとお互いを見つめあっていたんだそうです。
そのあと、恋には発展しないのが、いかにも小学生。
クラスが変わったとたん、見つめあうこともなくなり、もちろん「告白」なんて、かけらも出来なかったそうです。

こんな初恋のトラウマか、ローサちゃんは、今も男性の強い視線にドキッとするクセがあるのだとか。
「女帝」の撮影でも、カメラマンや照明さんが、画作りのためにじーっとローサちゃんを見つめると
「ドキドキするっ!!」なんて笑顔で話していました。
満杯のお客さんで埋まったトークライブ。ローサちゃん、いい息抜きになったね。