2007年8月3日
立花君を待ち受けにしてたことが北條君にバレた・・・突然だから、気の利いた言い訳もできないし、北條君はものすごい勢いで怒るから、結局、また立花君のせいにしてしまった・・・

でも、立花君があんなに魅力的でなければ、僕だって結婚が決まってまでこんな未練がましいことはしてないはずなんだ。
立花君、悪いのは君だ・・・君がキレイ過ぎるから・・・
僕は・・・悪くない。